携帯サイトはこちらから

葛飾区金町の鍼灸接骨院(鍼灸・マッサージも保険適用)** 綴ときわ堂 ** | 院長の健康ニュース

トップページへ戻る
TEL 03-3609-6363
治療法
治療料金表
 
院長の健康ニュース
 

平成31年3月19日

サクラ開花間じかで 満開は3月29日予想
花冷えで 満開が数日続くらし

東京のサクラは間もなく開花で、全国一斉に開花宣言
も数日後でしょう。

4月6日、7日に東京のサクラ名所はサクラ祭りでしょうが、
困ったと嘆く名所の悩みは、サクラ祭りにはサクラが散って
葉桜になってしまうことに残念感を皆さん気にしています。

だけど満開前後に花冷えと言う陽気があります。
案外入学式の頃には◆花冷え陽気で満開時期が案外
長く続きますから、入学式には葉桜のなかにちりちら
散る花びらと喜び希望に満ち溢れた子供さんには好い
風景ですね。

サクラに続いて、ハナミズキが咲きます。
当院の前の通りはハナミズキで綺麗です。
さつきやつつじ、藤の花できれいな花シーズンです。

この花シーズンに水をさすような時期がやってきます。
それは今までに経験したことのない新しい不況が
やってきます。
アベさんは戦後最長の好景気といわれていますが、
本当にそう思うのでしょうか。
これは数ヶ月後にはっきりとするでしょうから、多分
そうなるのではという予想に止めておきます。

予想に反して好い景気がやってきますように祈って
います。
では、花冷えに体調を崩さないように、好い春を満喫
して下さい。・

平成31年1月17日

平成最後の年
新しい年号は 4月始めに発表
消費税の増税がどうなるのでしょう

今年は正月早々からパソコン不調で今年の政治・経済・
世相不安・犯罪に不安があるように思えてなりません。

目を世界に向けても、アメリカ、中国、韓国、北朝鮮
、イギリス、などの国、他の国々にも同様によい方向に
舵きりが難しくなってきました。
日本国内も政治家や公務員の不正問題が一気に
ふきでています。


昨年の安倍さんを初め曇りガラスの政治的な疑義の
政治や国会答弁は、野党の力のないところで自由自在
に丸め込まれて、悪政治に向かっています。

天気・陽気は不安定で雨なし・豪雪など極端から極端
にいい陽気、快適な陽気はなく、世相も乱れています。

不景気なのに景気がよいとはなんですかねー?
消費税増税をむりやりに実行しようとする政治は。われ
われは対抗できないので、野党の責任は追及しようにも
追求できないのは 安倍さんの政治手法にやられて
しまってるから、安倍さんに対抗できないのが今の日本
です。

健康も今の政治に似てるのですが、うそつき政治が
私達の国民の命すら傷ついてます。

消費税増税が強引にされないことを祈っています。
インフルエンザの大流行も安倍政治ににてるし
原因があるかも?

うがいt手洗いを一日に10〜15回はしましょう。

平成31年1月17日

平成最後の年
新しい年号は 4月始めに発表
消費税の増税がどうなるのでしょう

今年は正月早々からパソコン不調で今年の政治・経済・
世相不安・犯罪に不安があるように思えてなりません。

目を世界に向けても、アメリカ、中国、韓国、北朝鮮
、イギリス、などの国、他の国々にも同様によい方向に
家事地理が難しい年です。
日本屋内も政治家や公務員の不正問題が一気に
ふきでています。


昨年の安倍さんを初め曇りガラスの政治的な疑義の
政治や国会答弁は、野党の力のないところで自由自在
に丸め込まれて、悪政治に向かっています。

天気・陽気は不安定で雨なし・豪雪など極端から極端
にいい陽気、快適な陽気はなく、世相も乱れています。

不景気なのに景気がよいとはなんですかねー?
消費税増税をむりやりに実行しようとする政治は。われ
われは対抗できないので、野党の責任は追及しようにも
追求できないのは 安倍さんの政治手法にやられて
しまってるから、安倍さんに対抗できないのが今の日本
です。

健康も今の政治に似てるのですが、うそつき政治が
私達の国民の命すら傷ついてます。

消費税増税が強引にされないことを祈っています。
インフルエンザの大流行も安倍政治ににてるし
原因があるかも?

うがいt手洗いを一日に10〜15回はしましょう。

平成30年(2018)12月16日

60歳過ぎたら治療行為に関する希望・意思表示の
  事前要望書を書いておきましょう。
人生の幕引きの大事なことなのに 前もって書いて
  おく人は わずか5%です。

いよいよ今年も残り2週間になりました。
風邪が大流行していますので、乾燥に注意してください。

室温度計と湿度計を用意しておきましょう。
100均の店で買えますよ。

今月号は日本人が最も嫌う死亡のことを書きました。
日本と外国では、死生観が随分違いそれによって
家庭内や医療機関との終末医療で悩むこと、
意見の食い違いで、よい幕引きができないこともあ
ります。

何が正しいとか間違っていることは、夫々の立場により
異なるのですが、自分で自分の先々のことをきちんと
意思表示しておきましょう。

治療行為に関する希望と意思表示を
事前に自分自身の気持ちを伝えてお
きましょう。
簡単に必要事項にチェック入れて書き
やすくしてあります。
自分が書いたという証拠に自筆で署名
して親族にも同意の署名をするように
なっています。

その書類は私が持っていますので、
ご希望の方には患者さんでなくても
無料でお渡しいたしますので、ご遠慮
なく言ってください。

では、よいお年をお迎え下さい。

平成30年(2018)11月15日

風疹が大流行 海外からの観光客 激変
インフルエンザの予防注射 不足で接種できない

皆様 お元気ですか。
風疹(三日ばしか)が世代によってですが流行しています。
昨年の30倍の流行とのことです。
妊産婦が感染すると生まれてくる胎児に障害が発生する
確率が高く、日本国内や外国人にも脅威です。
アメリカではそれに関係する年齢の者は、日本への観光
の自粛を求めています。

インフルエンザの大流行が示唆されています。
9月から学童の学級閉鎖が相次いでいます。
昨日の報道ではすでに予防接種注射が医療機関で確保
できないので、「当院ではお断りします」のお知らせが掲示
されてるところもあるようで、接種を予定されてれば問い
合わせされるのが賢明です。

うがいと手洗いの励行をお勧めします。
うがいは、濃いめの「塩水うがい」をして下さい。
すごく効果あります。
ではよい晩秋をお過ごしください。

平成30年(2018)10月10日

台風・雨・曇りの多い昨今です。
青空の快晴の日がめっきり少ない天候が続きます。

今年の夏以降、日本を襲う台風は昔と比べて大型でしかも
強力なパワーで次々と日本を襲うのはなぜでしょうか。
単に温暖化が原因でしょうか。
太陽黒点が極端に少なく、太陽磁場が反転と4重極の珍
しい異常現象しているのが、歴史的なことを理論で説明
できないのが歯がゆい宇宙学でしょう。
何億年の前の解明はほんの少しだけ分かりかけてはいます。

宇宙や太陽が地球に与える影響を考えるだだけでも気の
遠くなるような話しですね。

何十億年の中の地球での1年はまばたきの何千分に1
でしょう。
秋の夜長を瞑想で時間過ごしてみたら、何かの世界観が
見えてくるでしょう。
今年の秋は瞑想の時間を多くしてで過ごしましょう。

平成30年(2018)9月15日

秋小口特有の体調不漁、疲労感の強い季節です

残暑も終わり、秋が忍び寄っています。
8月下旬からお彼岸ごろは健康的に優れない季節です。
最近、鍼灸を主に東洋医学が見直されてきたなどの報道
が多くなりました。

9月24日には「NHK]の特集番組で鍼灸を中心にした
東洋医学の放送があります。
鍼灸治療は「医師の同意書」と一定の条件下で健康保険
適用が認められています。
ぜひとも、制度を利用して患者さんの負担を少なくして
効果のある治療を試みて下さい。
治療は早期治療をお勧めします。
その内に治るだろうと思いながら、こじらせてしまうと
早期治療の数倍の日数がかかります。

では、体調をよくしてよい秋をご満悦下さい。


平成30年(2018)8月15日

残暑お見舞い申しあげます。
天気予報は難しい「今年の異常気象」
病気も日々難しいものが増えて、対応が複雑になる。


残暑お見舞い申し上げます。
8月7日は立秋ですが、残暑はこれからが本番です。
8月15日は終戦記念日です。
この酷暑の成り行きはどうなるのかは、わからないと、
そう答えるのが無難でしょう。


熱中症で救急搬送されたり、不幸にも他界された方も
多く、豪雨被害で命も家屋や田畑やビニールハウスも
破壊された方、それに交通の手段をなくされた方は
前例のないほどの数の多さに異常気象の発生原因を
研究して欲しいです。

単なる「地球温暖化」だけではない気がします。
2022年以降から寒冷気象が始まる前兆ではないで
しょうか。

最近は温暖化効果ガスが最大原因のように言われて
いますが、地球に降り注がれる太陽との関係にもっと
目を向けて研究して欲しいす。

太陽磁場4重極や黒点数の急減が気になります。
今年の酷暑の後に訪れる秋の気候がきになります。
冬は平年並みとは想像できません。

健康もこの夏は体調不良・不安を訴える方が多く、酷暑
にも負けずに来院する方が多いです。
夏バテは夏の真最中ではなく、やや終盤近くに訴える
場合が多いです。
これから地獄の夏バテシーズンですから、気をつけまし
ょう。




平成30年(2018)7月13日

数十年に一度の酷暑
数十年に一度の大雨で被害は甚大

数十遍ぶりの酷暑ととてつもない大雨で被害が大きい
ので、広島の実家や兄弟姉妹・親戚に電話かけたりで
忙しかった。
皆様のお宅には被害がございませんでしたか。

太陽黒点が少なくなると宇宙線の量が地球に多くふり
注がれて、雲が発生しやすくなり、雨も降りやすくなり
ます。
河川が水を海に運びl河川の上流のダムの水量を調節
してくらますが、度を越す雨量、それも数十年ぶりの量
であれば予想外の災害に結びつくことになり、被害に
あわれた方々に身体の被害と建物などの復旧が早く
なりますようにお祈りしています。

多くて困るし、少なくて困るものもある。

例えば唾液が多く出るとか、少ないのどちらがいい
でしょうかね。
歯医者に行ったときに、「私は唾液が凄く多いのですが」
と聞いたら「多いくらいがいいです。出が悪いという人が
多いので、嬉しいことです」
一日に出る唾液の量を調べたら、健康な人の平均量は
1,5リットルくらいだそうです。

一地区の雨量が50ミリとか70ミリとかだと地面に吸い取る
限度を超えると、河川は氾濫し大水害になってしまうことに
なるのです。

何事もほどほどがいいですね。

健康も程ほどの健康が、大病にならないと思います。
では、酷暑をほどほどのエアコンの冷房にして冷えすぎない
ことです。
8月のお盆が過ぎると暑さも峠をこえますから、、それまで
がんばりましょうね。




平成30年(2018)6月16日

新しいインフルエンザ治療薬 ゾフルーザが認可される
今夏は酷暑の予報が出たが、案外はずれが多い?

3月、4月、5月と季節はずれの暖かすぎる日が多く、今夏は
酷暑予報が出ていますが、気象庁予報が当たるか、外れる
かを静観。

今年はインフルエンザが大流行しました。
治療薬はタミフルが主でしたが、5月に塩野義製薬の新薬
が認可されました。
それは「ゾフルーザ」です。
この薬は、「1回飲むだけ」の治療薬です。
タミフルよりも副作用が少なくて「1回だけ飲む」というのは
患者にはとても嬉しいことです。

今夏の酷暑予報は厳しいとのことですが、私はそうとも
いえないと思います。
台風が発生し日本に向かってきましたが、夏の台風は
九州や四国に上陸しても、右(東)にずれないで日本海に
向かってコースをとるのですが、先日の二つの台風は
秋台風の太平洋岸に沿って右にカーブして逃げていく
コースをとりました。

日本の上空にはオホーツク海高気圧が日本上空に入り
こんでいるように思えます。
ヒョウが降ったり、6月の梅雨寒も例年以上に寒いのは
今夏の暑さは昨年同様に案外「冷夏」かも分かりません。
夏が早く来て、早く秋がくるかも分かりません。

気象庁予報とは違う角度で予想してみましょう。
太陽黒点が「0」が多くて太陽のパワーがおちていると
予言しましたが、皆さんは太陽の力も観察してください。

地震も多くこれも太陽の黒点と関係があります。
東京に大地震がくると、日本経済も破綻です。

平年並みの好い夏でありますように。

平成30年(2018)5月12日

ページの上へ
Copyright (C) 2006 tokiwadou. All Right Reserved.